読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹色Life*

人生一度きり!わくわくドキドキしながら生きていきたいと思ってます☺

Working Holiday…*

久々の雨に心は何となく落ち着いたり。

雨の音が好きだというのに加え、何だか最近の大変な出来事が清算できた気分になりました。

 

実は今月、帰国して2年目なります。

ニュージーランドを出るときに流した涙。

でも、それからの冒険に期待もしていました。

そして、大きなバックパックを背負って一人旅をして、覚悟と決意と共に日本に戻ってきました。

f:id:rainbow0122:20170321203928j:image

 

〝ワーキングホリデー〟

私が行った頃は、周りに行った人も少なく、なかなかイメージしにくかったもの。

けれど、時代はどんどん進んでいて、周りにも行く子が増えてきたように感じます。

 

ワーキングホリデーは、魔法のビザと呼ばれることもあるぐらい、素敵なビザです。

自分次第で海外でどんなことでも挑戦できるから。

 

たった一年と決められたビザ。

その国に魅了されれば、過ごし方次第で二年に延ばすことも可能。

 

今、海外に出ることに不安がある人や、どうしようか悩んでいる人と話すこともあるけれど、私は心から、新しい世界に出ることを勧めます。

 

見たことのないものを見ることで、どれだけ自分の世界観が変わるか、広がるか。

何か必ず得るものがあるはずです。

 

保守的なときもあっていい。

けれど、そこから得られないものを得に。

 

私は本当に行って良かったと思っています。

私の今は、ワーキングホリデーに行ったからこそ、もっともっと虹色になっています。

 

 

Accept…*

もう春でしょうか?

花粉がとんでいるような…

 

花粉症もありますが、私は春が好きです。

別れと出会いの季節だから。

大人になれば、環境が変わることは少ないかもしれません。

けれど、春の風が新しい出会いを運んできてくれることもあります。

人との出会いは人生に何かしらの変化をもたらすことが多いから。

 

人との出会いは本当に不思議で、それが人生を180°変えることだってあります。

 

新しい出会いはリスクもあるけれど、自分の目で素敵な人を見極められるように。

そんな目を養えるように。

きっと人と人が関わる中で、私たちは成長できると思うから。

 

最近は、悲しい出来事や、辛い出来事も多々ありました。

けれど、その状況から目をそらしても何も変わらないですよね。

だからこそ、自分にできることを精一杯しよう、と心に決めています。

何が起こっても、一度は受け止める。

そして、逃げない。

ときどき逃げる。(笑)

 

そして、子どもたちと全力で向き合う。

英語と全力で向き合う。

そんなこんなで先日、一年間の小学校英語授業を終え、皆から一年間の感想をもらいました。

f:id:rainbow0122:20170315223427j:image

幸せ。

小学校での100人程の子どもたちとの出会いに感謝。

 

また素敵な出会いがありますように。 

 

Anytime, anywhere…*

少しずつ野花も咲いてきて、春が近づいてきているのを感じます。

 

今日、本年度最後の小学校での英語のクラスでした。

小学校で教えるときは普段とは人数が全く違います。

だからこそ、同じ内容だとしてもクラスの雰囲気が一気に変わります。

学校でのクラスは机も椅子も使いません。

身体全体でもっと!もっと!と思う気持ちを持って学んで欲しいから。

 

英語は身体全体を使って学んでいけるもの。

私はそれを子どもたちに伝えることができる先生だから。

私は私らしく子どもたちに英語を教えています。

 

今日、子どもたちからの感想ももらって感動ばかり。

『先生のおかげで英語が大好きになりました。』

この言葉ほど嬉しいものはありません。

また来年も頑張ろう!と心から思えました。

f:id:rainbow0122:20170310215704j:image

 

まもなく新年度。

お陰さまで、さらに仕事の幅を広げています。

子どもに限らず、大人にも英語を教える機会が増えてきました。

 

どんなときでも、どんな場所でも、私ができることを思い切りする。

すると、それがいつの間にか、生きる糧になっていく。

 

自分は思っているよりも、たくさんの可能性を持っていると信じること。

そうすれば、きっと新しい一歩に繋がると思います。

 

それでは素敵な週末をお過ごし下さい。

 

 

 

 

Smile…*

きっともうすぐ春。

春は新しい一歩の季節。

 

…その春を迎えるために、年度末は忙しい。

2月末は本当によく働いたなぁ〜と。

でも、今はほっと一息。

f:id:rainbow0122:20170305182607j:image

 

そんな中で、思いもよらない身近な人の病気が発覚しました。

病気はいつもどこからともなく突然。

病は気からなんて言うけれど、それが通用しない病気だって山ほどあります。

身体が第一だと思うのはそういうところから。

いつも、そういうことがあると自分が涙もろいことに改めて気付きます。

笑顔でいたくても、寂しくなって涙が。

 

そう思うと、世の中の人は皆色んなことを抱えていて。

そんな中での笑顔は大きな価値のあるもので。

笑顔って素敵なものですよね。

人を幸せにできるもの。

 

大丈夫、とまた自分に言って、これからは笑顔でいられたらいいな。

 

そして、そこから環境が大きく変わる。

春からきっと、やるべきことが増えると思います。

 

働くこととのバランスを取りながら、笑顔でどこでもいられるように。

 

子どもたちは私の栄養剤だから。

これからもよろしくね、と思いながら。

 

また来週も頑張っていきましょう!

Getting warm…*

こちらはすごく暖かい日曜日です。

もうすぐ春が来ますように。

そんな願いを込めた週末。

 

もうすぐ2月も終わってしまいますね。

今月はバレンタイン時期ということもあって、愛に溢れたクラスになっています。

特に親子や幼児向けクラスには、"I LOVE YOU."のオンパレード(笑)

制作も愛に溢れています。

f:id:rainbow0122:20170219140727j:image

 

子どもたちもすぐに言えるようになってしまう魔法の英語、魔法の言葉。

I LOVE YOU.

 

普段日本にいると、なかなか言葉で愛を伝えることってないですよね。

 

けれど不思議なことに英語だと伝えられることが多々あります。

外国で飛び交う

"Love you." "Love you, too."

が私はすごく好きで。

日本語でいう『またね!』のような感覚で使われているんだと思いますが、愛が伝わってきて幸せな気持ちになります。

 

私が英語を好きな理由のひとつは、ここにあります。

英語は物事をストレートに伝える。

遠回りせずに結果を先に述べる。

分かりやすい。

リズム感がある。

 

私は、ちょっとした音楽感覚で英語を使います。

それがまた楽しくて。

 

日本語にも英語にも良いところはたくさんあるので、一概にはどちらがいいなんて言えません。

でも、その良さを活かして、その場その場で使い分けられるようになれば、可能性は遥かに広がります。

私の場合は、何とかなる精神も増したような気がします。

 

英語は、まだ見ぬ世界への扉です。

2020年にはオリンピック。

この素敵なタイミングに、英語に触れてみることはお勧めです。

 

Eventually…*

今日は少し暖かさを感じ、春の訪れを一瞬感じることができました。

 

この2月は子どもたちのテストもあり、毎日忙しくしています。

けれど、3月には落ち着くので、またどこへ行こうかなと考えるのもひとつの楽しみ。

何だかんだ自分の働き方を思い切り楽しんでいます。

子どもたちに試行錯誤した教材をおろすときのワクワク感もたまりません。

相変わらずこの仕事が大好きです。

f:id:rainbow0122:20170215220756p:image

 

今はこんなに大好きな英語。

学生のとき、どうでも良く思っていたことが悔しくてなりません。

あのときにもっと魅力を感じていれば。

なんて。

 

うーん、学生のときの英語の先生。

振り返っても、英語を大好きな先生に教えてもらった記憶はない。

もしかすると、そんな先生もいたかもしれない。

けれど、それが伝わってきた記憶はない

 

…そう思うと、何だか。

やっぱり私は英語が大好きだという気持ちを子どもたちに伝えながら、教えていきたいと思います。

 

遊びは学び。

学びは遊び。

 

大好きな言葉で、子どもたちと英語を繋げていく。

どうでも良かった英語が、こんなに魅力的になったのも、ニュージーランドで出会った先生のおかげ。

 

私も子どもたちにとって、そんな英語の先生になれますように。

 

よし、気合い。

 

How can I…*

日曜日も間もなく終わる時間ですね。

相変わらず寒くて雪模様。

明日からも寒さ対策しなければ。

 

アメリカも寒さが厳しいようで…

彼が体調を崩しました。

とても心配でしたが、あたしに何ができるんだろう、と考えてもすぐに何もしてあげることのできない無力さ。

遠距離のもどかしさを感じました。

 

距離と心の距離は反比例すると聞いたことがあります。

そんな言葉を信じて、どれだけ遠くても大丈夫と思ってやってきました。

 

けれど、こんなときのもどかしさが半端ないのです。

 

だからこそ、近くで何か力になりたい、支えになりたいと思うわけで。

 

国が違うから、言語が違うから、そんな壁には負けない。

大事なものは心にあるはず。

そう信じてきての今。

 

春になれば暖かい風が吹くことを願って、今は前を向いて頑張ります。

彼の体調も良くなりますように。

 

そんな想いを込めて、とりあえずギフトを用意しています。

 

寒い日がまだしばらく続くようですので、ご自愛下さいませ。

f:id:rainbow0122:20170212231017j:image