虹色Life*

人生一度きり!わくわくドキドキしながら生きていきたいと思ってます☺

Dream…*

何だかジメジメして、

天候も落ち着かず。

気持ちもぱっと晴れないとき。

 

きっと誰にでもある、

こんなとき。

 

雨が降ってこんなに鮮やかに咲く紫陽花もある。

f:id:rainbow0122:20170713104303j:image

だから決して悪いことばかりではない雨の日。

 

そんな日に深く考えてみました。

誰かが

「人は皆死に向かって生きてるのに、

何で頑張らなければならないの?」

人生疲れた、頑張ることに疲れた

そう言って。

 

私は、疲れたときは休めばいいと思っています。

頑張りすぎず、自分が自分の人生の主役で生きていくことが何より大事だと思っているので。

 

日本人は頑張りすぎるとよく言われます。

ニュージーランドにいるとき、

そういう面でも異文化を感じました。

彼らは人生を楽しむために働いている。

それが全面に出ていて、伝わってくるのです。

 

私は本当にそれが心地良かった。

だからこそ、今の生き方にシフトしていったのかもしれません。

思い切り働き、

思い切り遊ぶ。

 

両方できて、初めて自分が人生の主人公になれると。

 

大きな決断はいつだって、力がいるし、勇気も必要になってきます。

けれど、その決断が人生を変えるかもしれない。

結局、全ては自分次第。

私も、大きな壁を越えるため、今が踏ん張り時だと思っています。

Present…*

またしばらく放置してしまいました。

…が、その間に本当にたくさんのことを経験しました。

 

まずはバリ島旅行。

f:id:rainbow0122:20170705114903j:image

ゆったり流れる時間の中で、贅沢な時間を過ごせた3泊5日でした。

少し時間がたってしまったので、今回はあまり詳細は書きませんが、やはり日本と違った文化や環境に刺激され、とても楽しい旅になりました。

f:id:rainbow0122:20170705115226j:image

 

そして旅を楽しんだ後は、しっかり働く。

たくさん遊び、たくさん働く。

私のモットーです。

 

子どもたちの英語教材を作ったり、英語に関係する新しい会社の立ち上げに少し携わらしてもらったり。

小さなベビちゃんたちの英語サークルで癒されたり。

f:id:rainbow0122:20170705115610j:image

 

そんな中でも息抜きに京都に行く。(笑)

f:id:rainbow0122:20170705115817j:image

ハートの紫陽花に心癒されて、また気合いを入れて仕事に励む!

 

中高生のテスト期間と共に、高校生の英検も重なり、忙しさはピークでした。

 …が、無事にそれも終わり、後は英検の二次試験を残すのみ!

 

子どもたちも成績が上がってきて、私もこの仕事にやりがいを感じることがさらに増してきました。

 

勉強もですが、メンタル面でも支えてあげられる先生でありたいと願ってきた今。

信頼関係もでき、大人への階段をのぼっている子どもたちをすごく誇りに思う今日この頃です。

 

少し心に余裕も出来てきたので、ジムに通い始めようかと考え中。

まだまだ前へ進んでいきます!!

Ready?…*

久しぶりになってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?

春だというのに、気候が安定せず、体調を崩している方も多いのでは。

…という私もその一人。

もう快方に向かっていますが、体調を崩すのは何よりも凹みます。

身体が資本だから。

自分が自分らしく働くために、体調は一番気にかけていきたいのです。

 

最近も、相変わらず子どもたちのために教材研究したり、作ったり…

f:id:rainbow0122:20170515204503j:image

もちろん、英語だけではなく、子どもたちの心の支えになれる教師になれるよう努力もしています。

 

けれど、人と会うのも話すのも大好きなので、たくさんの人から刺激を受けています。

 

自分と向き合い、この働き方を選んで、自分なりに前進してきてやっと一年。

軌道にものってきたところで、また新しい挑戦を。

きっと私の人生はそんな繰り返し。

 

いつ何が起こっても、何でも向き合っていく。

自分の未知の可能性、ワクワクしませんか?

 

どうなるか分からない未来をワクワクしながら変化を楽しみ続けたいと思っています。

 

私のいう、虹色の人生は彩りあってこそなので。

 

自分でも自分の未来を楽しみにしています。

きっと自分の中の全てを出して、自分らしい人生を紡いでいけるから。

 

いつでも一歩進めるよう、準備はできていますか?

 

Easter…*

4月も下旬。

春のぽかぽか陽気は、すぐに夏の暑さに変わってしまいそうですね。

ぐずついていたお天気から、回復した日に、京都にも行けて桜を満喫。

やっぱり春は桜ですね。

f:id:rainbow0122:20170421202356j:image

 

そして、たくさん準備し、子どもたちも楽しみにしていたイースター週間もあっという間に過ぎてしまいました。

f:id:rainbow0122:20170421202518j:image

わざわざお家から、basketとbunnyを持ってくる子までいて♡

こんなにワクワクするイースター、最高のイベントだな、と感じました。

頑張って準備した甲斐がありました。

 

私が英語を教えてきた子どもたちも次第にレベルが上がり、次のステップに進みたいと思うようになってきました。

 

子どもたちに更なる自信をつけさせてあげたい。

世界をもっと身近に。

自分たちは世界に羽ばたけるという気持ちを少しでも強く持たせてあげたい。

 

そんな願いを持ちながら、毎回のレッスンを考えています。

 

子どもたちも、この4月から一学年上がり、お兄さんお姉さんになっているのを感じます。

 

こんな風に成長していく子どもたち。

そんな子どもたちに負けないように、自分もできる限りのことをしたいと思っています。

 

また小学校での英語も始まります。

今年はどんな成長が見られるんだろう。

 

小さな小さな子どもから、大人の方まで、楽しみで仕方なくなるようなクラスを今年度も心込めてやっていこうと気合いが入っています!

 

もちろん休むときはゆっくり休んで、頑張っていきましょう^^

Disappointed…*

人生、山あり谷あり。

楽しいことばかりではないことは、理解しているつもり。

一人では越えられない壁があることも。

 

私は、国際恋愛だから、何か人と違う恋愛をしているとは思っていません。

気持ちが一番大切だから。

お互いを尊敬し合える、お互いを必要と思えるならば、距離なんて関係ないと思っています。

 

けれど、会えない日々が続くのは仕方ないこと。

物理的に距離があるから。

でも、私はそんな問題に負けたくなくて、彼となら越えられるといつも思っています。

 

あと少し、あと少しで逢える。

そんな風に思いながら、毎日頑張っているけれど、その希望の光が、ほんの少しかすれたのです。

 

どうにもできないもどかしさ。

けれど、ここで光を消してしまうなんて絶対したくないので、私はこれからもできる限りのことをしていくつもりです。

 

どうなるんだろう。

どこへ向かうんだろう。

 

と思いながらも、

"Love is a great adventure."

(恋愛は最高の冒険)

という言葉を信じて。

 

まだ冒険を楽しもうと思っています。

負けない。

 f:id:rainbow0122:20170411212141j:image

 

Spring…*

暖かくなって幸せ気分に浸っていたら、すぐに雨が続く日々。

でも、桜は見れたので満足。

 f:id:rainbow0122:20170409194031j:image

 

新年度でお仕事はバタバタしているけれど、自分の時間も作れて、このまま無事にGWを迎えられそうです。

 

教えていた子どもたちも学年がひとつ上がり、お兄さんお姉さんになった気がします。

 

たくさんの子どもたちを見ているけれど、その中に文章を書くのが苦手な小学生がいます。

この春から、その子と交換ノートを始めることに。

とても楽しみにしてくれているようで、伝えようとする気持ちが溢れて文章を作ってくれている様子。

 

やはり、そういう気持ち以上に大切なものってないと思います。

英語だって同じ。

『英語話したいんです』

という人にはたくさん会うけれど、だから何か行動している人は何人いるんだろう。

気持ちと行動は伴わなければ、何も前には進まないのです。

 

人生は本当に年々早く過ぎているように感じて、私は驚くことが多くあります。

大人になればなる程、変化は受け入れ難くなるかもしれないけれど、変化を楽しんで人生をワクワクドキドキして生きる方が私は好きです。

 

まずは、その気持ちに乗っかっていけるところまでいってみたいのです。

 

春は、何だかまた新しいことを始めようと思わせてくれる季節で、私は好きです。

 

Just…*

少しずつ暖かくなってきて、蓮華が咲き始めてきました。

f:id:rainbow0122:20170327220723j:image

 私の大好きな花。

 

野花ってすごく生命力に溢れているように感じます。

そして、その存在が人を笑顔にてくれることも。

 

昔から野花が好きで、そんな野花のような、何気ないけれど、人を笑顔にできる人になりたいと思ってきました。

 

少しでもそんな人に近付けていますように。

 

帰国後から教えている子どもたちとの関わりも長く、深くなってきて、たくさんのことを教えたり教わったりしています。

 

保護者の方とも関わる機会が増え、子どもたちについて話せることも、私の仕事の醍醐味です。

 

私がいつか建てたい保育施設。

夢は広がるばかりです。

 

今関わっている子どもは0歳から18歳まで。

年齢によって、関わり方もだいぶ違いますが、子どもたちに夢を与え続けたいという気持ちは変わりません。

 

私が

 

子どもたちが出会ったことのないような大人でありますように。(笑)

世界が楽しさや笑顔で溢れていると伝えられる大人でありますように。

 

そして、何が起こるか分からない人生を、自分を大好きで生きていけるような子どもたちを育てていきたいのです。